有限会社 食養の杜とやま

お問い合せ 食養の杜とやま お問い合せ

富山発 食と健康をお届けする 食養の杜とやま

食養の杜とやま 声とおる 事業概要 食養の杜とやま 声とおる 地域資源活用栄養機能食品 食養の杜とやま 声とおる 食べる喜び 食養の杜とやま 声とおる 立山町の皆様の協力

商品・事業の概要

食養の杜とやま 声とおる 地域資源活用栄養機能食品

有限会社食養の杜とやまでは、栄養機能食品「声とおる」の商品化事業を進めております。

「声とおる」は、高齢者の方々や声楽家・教師・受験生など喉を大切にされる方、また、スポーツ選手など声を大きく出して力をつける方々等、多くの方々に喜んでいただきたい商品です。

本事業は農事組合法人立山特産及び地域農業者との連携事業体として、富山県及び各医療機関・研究機関からのご支援・ご協力を受け、開発を行っております。おかげさまで地域特産物を活かした富山県発の「地域資源活用栄養機能食品」として各方面の皆様より注目いただいております。

商品開発のきっかけ

食養の杜とやま 声とおる 食べる喜び

みなさんは「食べる喜び」を感じていらっしゃいますか?
有限会社食養の杜とやま 代表取締役の松村文子です。

現在、多くの介護施設や病院では消化器疾患や嚥下障害を持つ入居者の方々や患者さんへの食事は、流動食が主体となっています。流動食は「かまず」に摂取できますが、栄養不足を生じることが懸念されております。

さらに、流動食は何よりも人間の三大欲求の一つである「食欲」を満たせる食事とは必ずしも言えないのではないでしょうか?ある調査では要介護者の方々のうち全国で約60万人以上の方々が摂食嚥下障害患者とも言われ、「食べる喜び」を失っていると考えられます。

より多くの方々に「食べる喜び」を感じていただくことで、真に「人間としての尊厳」と「生きる喜び」を回復してもらいたい。有限会社食養の杜とやまではそうした皆様のための一助となれる商品を提供したいと考え、日々商品開発に取り組んでおります。

商品開発の体制

食養の杜とやま 商品開発体制

「声とおる」は、富山県立山町の農事組合法人立山特産と地元農家から原材料の提供を受け、五洲薬品のご協力の下、弊社食養の杜とやまが開発・製造を行っております。また、成分分析や臨床実験等は、農林水産総合技術センター・ウィメンズクリニック南青山院長 医学博士 小杉好紀 氏 などのご協力を得て実施する予定です。

食養の杜とやま ではPDF形式ファイルをご覧いただくためにアドビシステムズ社AdobeReaderが必要です。>AdobeReader最新版ダウンロード

Get Adobe Reader

このページの先頭に戻る

メール お問い合せ ご相談
Copyright 食養の杜とやま Co.,Ltd.All rights Reserved.